「宇宙で学ぶ」=「命を学ぶ」

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターと
宇宙教育についての連携協定を締結

星槎グループの学校では、日常の学習の中で宇宙に関する学びを深めてきましたが、今回の連携により、今後、より一層、宇宙を通して命を学び、命の大切さをベースにした共感理解教育を展開していきます。その中で、こども一人ひとりに宇宙航空教育の理念である「好奇心」「冒険心」「匠の心」を育てるとともに、JAXA宇宙教育センターとの連携のもと宇宙教育の教材開発や効果測定などを通して、宇宙航空教育を実践できる教職員の育成にも力をいれていきます。

「宇宙の教室」

「はやぶさ2」プロジェクトから学ぶ

JAXAとの連携のもと、実際にプログラミングソフトを 使いながら人工衛星に簡単な指示を送ることから始 め、最後は全国初の取り組みとして、「はやぶさ2の惑 星リュウグウへのタッチダウン」を体験するというプロ グラムを実施しました。

「宇宙」をキーワードに学ぶ

星槎の中学高校では、宇宙に関する内容を組み込ん だ授業を展開しています。「まだ見ぬ宇宙で生活して いる生命体に地球を紹介しよう!」「昔の人はどのよう に地球の大きさを測ったのか?」など「宇宙」をキー ワードに「自ら探求する」学びを行っています。

TOPに戻る